재외선거홍보자료

HOME > 통합자료실 > 재외선거홍보자료 > 영상
좋아요 0 페이스북 트위터 카카오스토리 네이버블로그 프린트

대한민국 재외선거의 탄생(일어)

작성자 : 중앙선거관리위원회 등록일 : 2016-01-13

1862年、

アメリカ·ウィスコンシン州。

南北??に連合軍として??した兵士に?政?(不在者投票)が認められる。

その後、「在外選?制度」を巡る?点が長い間、世界各?で鳴り響く。

在外?民の願いが盛り?まれた叫び、

「海外にいる人?の投票?を認めよ」

約150年間、??な民主主義?家では在外?民の選??を認めてきた。

1960年、韓?は兵士やドイツに出稼ぎしている?員、看護師など、住民登?をしている人に限って?外での不在者投票を認めた。

しかし、制度の?更により、1972年に?止。

その後、在外韓?人の?政?を取り?すための努力は?く。

「外?に住むからといって?然の?利を行使できないという?持ちは表現しきれません。今回は絶?に私たちの?政?を取り?したいです」

(アメリカ在住のキム·ヨンミさん)

「投票したい人物がいるのに投票?がないなんて…。投票?のない永住?者の悲哀です。今は私の?利を取り?したいです」

(カナダ在住のユ·チョルヒさん)

そして、2004年。

日本·米?·カナダの在外韓?人が憲法裁判所に訴え、それを機に在外韓?人の?が大きくなった。

2007年6月28日の憲法裁判所

「在外韓?人に住民登?がないという理由で、選?に?する?利を制限することは憲法の精神に反する」

違憲判決

2009年2月12日

大韓民?が建?されて以?、初めて永住?者も投票が可能な在外投票制度を導入。

在外韓?人に選??が?えられた。

そして行われた第19代??議員選?の在外投票、第18代大統領選?の在外投票

在外投票を通じて、念願の投票?がついに堂?と行使できるようになった。

彼らが在外投票を願っていた究極の理由

?民の基本?の?現と、さらに成熟した民主市民意識の?現

そして、もう一度行われる在外投票。

2016年第20代??議員選?の在外投票

在外韓?人自らが取り?した努力の結果が輝く瞬間!

美しい選?、幸せな韓?は世界どこにいても、すべての人が共に行うことで完成されます。

~
Total : 38 page : 1/3
  • 처음 게시물 처음페이지 목록
  • 1
  • 2
  • 3
  • 마지막 게시물 마지막 페이지 목록

공공누리가 부착되지 않은 자료들을 사용하고자 할 경우에는 담당부서와 사전 협의 후 이용하여 주시기 바랍니다.

콘텐츠 만족도

평가하기

- 담당부서 : 홍보과 / 02-503-2792